ブログ

2021.10.09

ハロウィン

朝夕は少し肌寒く感じられるようになりましたがまだまだ日中は残暑?が続いています。寒暖の差も激しい今日この頃ですが皆様いかかお過ごしでしょうか。

さて今年もハロウィンの季節が迫ってきました。

先日購入した十五夜うさぎの人形にハロウィン用の装飾を行い、待合室にもかぼちゃのオブジェ等を飾りました。待合室の混雑や待ち時間等でご迷惑をおかけいたしますが、今後も少しでも皆様に季節感を味わっていただけるよう職員一同考えております。

コロナウイルス感染症流行による緊急事態宣言も解除され、徐々にではありますが普段の日常が戻りつつあります(もちろん第6波への警戒は怠ることはできませんが)。

 友人たちとの談笑や楽しい時間を過ごせる日までもう少しお互いに頑張りましょう。

 

2021.09.16

秋のウサギ

秋風が肌に心地良い季節となりました。

さて9/15偶然にも大丸デパートで秋にぴったりの置物を見つけました。

可愛らしいウサギの置物と満月、すすきのセットで待合室の皆様に季節の変化を感じてもらおうと早速購入しました。

待ち時間を少しでも快適にすごせるようこれからも工夫してまいります。

よろしくお願いします。

2021.09.15

新規セミセルフPOSレジセット導入とマイナ受付を始めました。

東京オリンピック、パラリンピックも無事に終了し、爽涼の秋となり朝、夕はようやく過ごしやすくなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルスワクチン接種も進み菅総理も仰っていましたが明かりは見え始めてきています。

 

さて当院では先般より昨年導入しましたまるレジに代わり新規POSレジ(BUSICOMによる会計業務を開始しております。

これは自動釣銭機能に加え各種クレジットカード、PayPay等のバーコード、QRコード、交通系ICカード等による決済が1台のレジで可能となっています。

患者さんの利便性の向上、感染防止に加え会計業務が大幅に効率化され患者さんの待ち時間の短縮やミスのない会計業務が行えます。

現金以外での会計も遠慮なく申し出てください。

 

 

また「おしらせ」にも書かせていただきましたが99日より患者さんの受付に顔認証付きカードリーダーを導入しました。

マイナンバーカードをカードリーダーに読み込ませることで患者さんの氏名、性別、生年月日、住所、保険証情報が自動的に当院電子カルテに反映され患者さんにとっては問診票記載の手間が軽減されます。

新規患者さんのみならず、再診の患者さんの負担軽減につながり、当院スタッフの事務作業や保険請求業務等の簡素化も可能となります。

マイナンバーカードをお持ちの方は是非来院の際はご提示いただければと考えています。

皆様方のご協力をお願いいたします。

2020.11.20

感染対策を強化しました。

11月も半ばを過ぎ今年も残りわずかとなってきましたが皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

 

新型コロナウイルスに関しても北海道、関東、関西、沖縄などで流行の第3波が猛威を振るっていますが、福岡県は何とか踏ん張っているようです。

本格的な冬の到来とともにインフルエンザの流行期にも入り皆様もマスク、手洗い、手指消毒、うがいの励行、3密を避けることなど感染防止に取り組まれていることと存じます。

新規治療薬の創薬とともにワクチンの開発が進み早く皆様への接種が可能となり、新型コロナウイルスを人類が克服した証として東京五輪が無事開会されることを願っております。

 

さて当院では2020年11月、従来の感染防止対策に加え会計時の自動釣銭機、来院時の非接触型自動体温測定装置業務用大型加湿空気清浄装置を導入し対策を強化しました。

 

自動釣銭機は患者様ご自身が精算機に入金し清算することにより、患者様と職員との間で直接の現金のやり取りが無くなり(感染防止)かつ正確な会計が可能です。

 

自動体温測定装置は患者様や職員が機械に触れることなく体温の測定が可能で、自動的に記録、保存されます。

 

政府、厚労省は室内換気の励行と適切な加湿(湿度40-60%)を推奨していますが、エアコン等の暖房器具の使用により湿度は20-30%になることも稀ではありません。

当院では従来家庭用の比較的大型加湿空気清浄機を7-8台使用していましたが、湿度は30%台の維持が精一杯でした。医療機関としては不十分な対応ですぐに肌やのどの乾燥を自覚していました。当院の専有面積は100坪であり十分な加湿のためには大型の加湿器による加湿が不可欠でした。そこで11月15日クボタ社製業務用大型加湿空気清浄装置「ピュアウォッシャー」を2台導入しました。この装置は主に水の力を用い1台で1時間当たり約2.7Lの加湿、約200㎡の空間の除菌、消臭、空気清浄が可能とされています。さらに殺菌力に優れた機能水「微酸性電解水」を生成することができます。これは肌に優しく誤って口に入れても安全な水溶液で、一般細菌をはじめノロウイルスの抑制にも効果のある高い安全性と優れた除菌力を両立した機能水です。また給排水接続を行うので水くみやタンクの排水も不要で、日常のお手入れも2度/1ヶ月程度のサランネット(プレフィルタ、2個/1台)の掃除機による清掃と薬液カートリッジ交換のみで手入れも簡単です(定期的なメインテナンスは6か月に一度業者が行います)。

この装置により院内は常に十分な加湿と空気清浄が行われ清潔かつ快適な空間を皆様に提供することが出来ます。是非一度来院され体験されてください。

 

今後とも質の高い医療、感染防止対策の強化、より良い空気環境の提供に一層の努力をしてまいる所存でありますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

2020.10.02

メールサーバの停止について

9月30日(水)15:00頃~10月1日(木)13:00頃までメールサーバが停止していたため、メールの送受信が出来ない状態となっていました。

上記期間中に当院へメールでのお問い合わせを頂いていた場合、確認できておりませんので再度ご連絡頂けますと幸いです。

 

ご迷惑をお掛けしますが何卒宜しくお願いします。

(現在復旧済み)

 

 

2020.09.16

総合事務室新設

9月も中旬となり朝晩は少し過ごしやすくなってまいりましたが皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
今年は新型コロナウイルス感染症流行のため多くの方々が窮屈な生活を強いられ、不自由な思いを感じられておることと察しております。まだまだ自制が必要なことは十分承知しておりますが早く終息の日がくることを願ってやみません。
当院もコロナウイルス流行の影響で3-5月は患者数、健診数ともに減少しましたが、おかげさまで6月からは徐々に回復し最近は忙しい毎日が続いています。これも一重に地域の皆様や近隣の医療機関の皆様方のご協力、ご理解のおかげかと深く感謝しております。
現在当院の受付窓口は保険診療部門と健診部門とに分けて対応させていただいておりますが、昨今は健診数自体が増加しまた多岐にわたる企業健診の申し込みをいただき健診事務業務は年々忙しくなってきております。人員の補充やパソコンも増設しましたが十分とは言えない状況です。
そこで受付事務業務の更なる合理化を図るため受付窓口を一か所に集約することといたしました。現在の保険診療窓口を一部改装し保険診療、健診等すべての事務全般業務を行う総合事務室を新設します。患者様や健診受診者の方々の対応を一か所で行うことにより事務作業の効率化や待ち時間の短縮も期待されます。
9月19日午後から9月22日まで工事をさせていただきます。
今後とも地域の皆様により一層愛され、安心、信頼していただける医院を目指し従業員一同精進して参りたいと存じます。
皆様今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2020.07.09

新しい消化器内視鏡システム(4K画像)を導入しました。

今までのハイビジョン画像より鮮明な4K画質で観察が可能なオリンパス社製EVIS X1シリーズ内視鏡システムを2020年7月8日九州で初めて当院が導入いたしました。
5LED、TXI、NBI、RDI、BAI-MAC、EDOFなどの新しいテクノロジーが可能となり病変の観察性能の向上が期待されます。
現在より高精度な診断や内視鏡治療、検査時間の短縮も可能になると考えられており、患者さんにとってより安心で優しい内視鏡検査となるよう心がけています。
是非この機会に当院で新時代の内視鏡検査を体験されてください。

2020.05.18

睡眠時無呼吸症候群(SAS)診療始めました

日本人の約1-3%が罹患(約250万人)、男性は女性の約5倍発症しています。

SASを診断治療する意義:生活習慣病の予防(SASは万病のもと)、眠気による事故(特に車運転中)や労働災害の防止のため治療が必要です。

 

以下の症状のある方は、是非ご相談ください。

・睡眠中にいびき、息が止まる、呼吸の乱れ、息が苦しく目が覚めるなど

・日中に居眠り、記憶力や集中力の低下、息切れが多いなど

2020.04.09

当クリニックでのコロナウイルス対策について

当クリニックにおいては厚生労働省の基本指針に従い、通常診療を継続しております。

その為に以下の対策をおこなっておりますのでご協力をお願い致します。

 

※現時点では、当クリニックでは新型コロナウイルス感染症の診断や検査、治療などは出来ません。

1.4日以上の発熱(持病がある方は2日)

2.咳やくしゃみ、強い倦怠感を感じる

このような症状の方は、必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターに電話でご相談下さい。

  福岡市 中央保健所(健康課):092-761-7340

 

上記に当てはまらない症状のある方で、当クリニックを受診希望される場合は、来院前に必ず電話でご相談ください。 

2019.11.22

新型腰椎・大腿骨用骨密度測定器を導入

冬が駆け足で近づき日ごとに寒さが身にしみる頃となってまいりましたが皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
さて当院も開院以来おかげさまで大過なく10年を経過することができました。これも一重に地域の皆様や近隣の医療機関の皆様方のご協力、ご理解のおかげかと深く感謝しております。
新しい令和の時代を迎え当院もさらなる飛躍をと気持ちを新たにしております。
現在専門外来として診療を行っている総合診療科、循環器内科、呼吸器内科に加え12月から新たに糖尿病、甲状腺・内分泌内科を開設いたします。九州大学内科のご協力を得て火曜日、木曜日の午前外来を予定しています。循環器内科も九州大学循環器内科のご協力で現在の火曜午後に加え金曜午前も診療いたします。呼吸器内科は現在の金曜、土曜午前外来から金曜午後、土曜午前外来に変更になります。詳しい診療内容や予約、診療時間などの詳細は追ってお知らせいたします。
さらに12月11日から新型腰椎・大腿骨用骨密度測定器(HITACHI ALPHYS-LF)を導入します。骨粗鬆症の早期診断及び治療、骨折の予防に努め、寝たきり患者を増やさないよう皆様がより長く健やかに生きられるよう微力ながら貢献させていただきたいと考えております。
また報告が遅くなりましたが8月から院長の次兄である植木久博氏を総務部長として迎えております。医院の庶務、事務一般、各医療施設との連携、健診、対外交渉などを行っています。何かお問い合わせのある方はお気軽に相談していただければと思います。
地域の皆様により一層愛され、安心、信頼していただける医院を目指し今後とも従業員一同精進して参りたいと存じます。
皆様今後ともどうぞよろしくお願いします。

1 2 3 4 5 6
一番上に戻る
TEL:092-791-9071
うえき医院からのお知らせ
早期発見・早期治療が大切 検診を受けましょう CT検査、エコー検査、内視鏡検査
女性医師による専門外来 診療時間や曜日についてはこちら
健康診断予約受付フォーム
オンライン診療
身近でやさしい医療メディア Medical DOC