ブログ

2020.05.18

睡眠時無呼吸症候群(SAS)診療始めました

日本人の約1-3%が罹患(約250万人)、男性は女性の約5倍発症しています。

SASを診断治療する意義:生活習慣病の予防(SASは万病のもと)、眠気による事故(特に車運転中)や労働災害の防止のため治療が必要です。

 

以下の症状のある方は、是非ご相談ください。

・睡眠中にいびき、息が止まる、呼吸の乱れ、息が苦しく目が覚めるなど

・日中に居眠り、記憶力や集中力の低下、息切れが多いなど

一番上に戻る
TEL:092-791-9071
うえき医院からのお知らせ
早期発見・早期治療が大切 検診を受けましょう CT検査、エコー検査、内視鏡検査
女性医師による専門外来 診療時間や曜日についてはこちら
オンライン診療
身近でやさしい医療メディア Medical DOC