胃カメラ

胃カメラ(胃内視鏡検査について)

胃カメラ(胃内視鏡検査)胃内視鏡検査では、胃だけでなく咽頭や食道、十二指腸を観察することが出来ます。
早期のがんは自覚症状がほとんどありません。胃カメラで発見するケースも多いため、早期発見早期治療を心がけましょう。

このような方は胃内視鏡検査を受けましょう
  • 40歳以上で一度も内視鏡検査を受診したことがない
  • 生活習慣が乱れている(喫煙や飲酒など)
  • 胃もたれ、胃痛などが長引く、違和感がある
  • ご家族にピロリ菌が見つかった方がいる
  • 喉に異物感や飲み込みが悪いなどの違和感

口からと鼻からの違い

胃内視鏡検査には口からカメラを入れる「経口内視鏡検査」と、鼻からカメラを入れる「経鼻内視鏡検査」があります。

経口内視鏡検査
(口からの胃カメラ)
経鼻内視鏡検査
(鼻から胃カメラ)
口からの胃カメラ
鼻から胃カメラ
検査方法 麻酔を使用して、眠っている間に口から内視鏡を入れて検査を行います。検査自体は、ほぼ無痛で行うことができます。 経鼻内視鏡は従来の経口内視鏡よりも細い内視鏡を鼻から入れて行う検査です。鼻腔が狭いなど一部行えない方もいらっしゃいます。
麻酔 口からのどに向けて麻酔スプレーを噴射し、麻酔をかけます。 鼻からのどにかけて麻酔をかけます。
特徴

○苦しくなく検査を受けられる
○4Kビデオシステムによる高精度の検査
が可能
△麻酔薬の副作用で少しの間、眠くなる
△検査中の記憶がほとんどない
△検査後、帰宅までの時間が少しかかる

○麻酔法よりも副作用が少ない
○鼻から内視鏡を通すため嘔吐反射が少ない

△鼻粘膜を傷付け出血することがある
△ポリープ手術や内視鏡による処置には適さない
△画像の解像度が低く精密検査には向かない
こんな方にオススメ
  • 鼻の疾患をお持ちの方
  • 苦痛のない検査を希望される方
  • ポリープなどの疑いがある方
  • 嘔吐反射がきつい方
  • 口からの胃カメラで苦しい思いをした方

胃カメラの流れ

1検査前日
  • 前日は夜7~8時頃までに食事を済ませてください。
  • なるべく消化の良い食べ物を食べるようにしましょう。
  • 夕食以降はお水・お茶・スポーツドリンクのみ、お飲みになられて結構です。
  • 早めの就寝を心がけましょう。
2検査当日
  • 当日の食事、水以外の飲み物は摂らないでください。
  • 内服中の薬がある方は事前に医師にご相談ください。
  • 着替えやすい服装で来院されてください。
3検査

  • コルセット、眼鏡などは外してください。
  • 更衣室で検査着に着替えます。

看護師の指示に従い、胃の中を綺麗にする消泡剤を飲みます。
検査台に横になり、マウスピースを口に加えます。この時、のどに麻酔スプレーを噴射します。麻酔をしているため、ほとんど痛みはありません。(※痛みを感じる場合は、鎮痛剤をご用意します。)
口から内視鏡を挿入していきます。検査は10分程度で終了します。
ポリープなどが見つかった場合はその場で切除を行うことが可能です。

4検査後

休憩室でゆっくり休んでください。気分が悪くなったり体調がすぐれない場合は、看護師または医師にお伝えください。
検査結果は当日もしくは後日院長よりお話します。

  • 検査後の車の運転、激しい運動は禁止です。(翌日からOK)
  • 飲食は検査約1時間後から可能です。
  • お風呂はシャワー程度にします。
  • ポリープ切除の場合は、刺激のある食事、飲酒は2~3日控えましょう。

胃カメラで見つかる主な疾患

  • がん(胃がん、食道がん、十二指腸がん)
  • ポリープ
  • 逆流性食道炎
  • 胃潰瘍
  • ピロリ菌
  • 咽頭腫瘍
  • 胃炎
  • 十二指腸炎
一番上に戻る
TEL:092-791-9071
うえき医院からのお知らせ
早期発見・早期治療が大切 検診を受けましょう CT検査、エコー検査、内視鏡検査
女性医師による専門外来 診療時間や曜日についてはこちら
オンライン診療
身近でやさしい医療メディア Medical DOC