生活習慣病

誤った生活習慣から起こる生活習慣病の
検査・治療も行っています。

生活習慣病

高血圧 

高血圧とは血圧が一般に比べて高い状態のことを高血圧とよびます。
たまたま測った一回の血圧が高かったら高血圧と呼ぶのではなく、繰り返し測った時の結果が通常より高い場合を高血圧といいます。
高血圧状態が続くことにより血管に障害をおこし、脳出血・脳梗塞などの脳卒中、心筋梗塞、腎不全などを引き起こしやすくなります。

一般的には収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上または拡張期血圧(最低血圧)が90mmHg以上を高血圧と診断します。

日常生活の注意事項

1減塩に努めましょう(1日6g未満)

2バランスの良い食事をとりましょう

3適正体重の維持をしましょう

4ウォーキングなどのマイペースでできる運動をしましょう

5禁煙、節酒を心がけましょう

6薬物療法は医師とよく相談しましょう

糖尿病

糖尿病とは、血液の中のブドウ糖の濃度が高い状態が続く病気です。軽症のうちは自覚症状はなく進行してしまうと、のどの渇きや多尿などの症状が出現します。放置しておくと様々な臓器に合併症を引き起こします。
具体的には血管障害により網膜症、腎症、神経障害、動脈硬化により心臓病、脳卒中などを引き起こします。

日常生活の注意事項

1適正エネルギーの摂取をこころがけましょう

2栄養バランスのよい食事をしましょう

3ウォーキングなどのマイペースでできる運動を週3~4回しましょう。

4禁煙、節酒を心がけましょう

5薬物療法は医師とよく相談しましょう

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症とは中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)が多すぎたり、善玉コレステロール(HDL)が通常よりも少なくなる状態をいいます。放っておくと動脈硬化を起こし狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を引き起こしやすくなります。自覚症状はほとんどなく採血結果により診断されます。

日常生活の注意事項

1バランスのとれた食事をしましょう

2適正体重を維持しましょう

3カロリーは控えめにしましょう

4無理のない運動を(1日30分以上を週3日以上)続けましょう

5禁煙しましょう

6薬物療法は医師とよく相談しましょう

うえき医院 TEL:092-791-9071うえき医院 TEL:092-791-9071